2010年07月01日

大阪・神戸で開催中☆キャッシュフローゲーム会☆

【キャッシュフローゲーム日程】

●07月06日 (火)19時半〜21時半  新大阪KOKO PLAZA 706号室

●07月10日 (土)10時〜12時     大阪市北区民戸センター 第3会議室

●07月17日 (土)18時〜20時半   大阪市北区民戸センター 第3会議室

●07月18日 (日)09時45〜11時45分 神戸市勤労会館     408号室
  ※12〜13時CFGランチ会(タイ料理) 参加自由です 参加費;実費(1000円前後)

●07月19日 (月・祝)13時〜16時    大阪市北区民戸センター 第6会議室

●07月29日 (木)19時半〜21時半   大阪市北区民戸センター 第3会議室

■タイムスケジュール■
自己紹介
ゲームの説明
キャッシュフローム101
ゲームの感想等

《希望者のみ》
ゲーム会後近くの喫茶店に場所を移します。
意識の高い人ばかりですから、楽しいお話が出来ると思います。

●参加費:500円

●定員:5名
個別に対応できるように少人数制を取らせて頂いております。

◆持ち物◆
電卓、鉛筆(シャーペン)、消しゴム
※ボールペンNGです

※被害を未然に防ぐため、宗教・保険・ビジネス等の勧誘、
 物品販売目的の方の参加は、固くお断りいたします。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ゲーム会の申し込みは↓こちらをクリック☆
http://my.formman.com/form/pc/U9KO34Fy8A32xFqf/

ゲーム会のHPはこちらをご覧下さい。
http://space.geocities.jp/mastandard2003/CFGabout.html


【このゲームの目的】
 ロバート・キヨサキ氏の著書の中(金持ち父さん貧乏父さん P156)にもこう書かれています。
『キャッシュフロー』はゲームの参加者全員にフィードバックがなされるように作られている。
このゲームの目的は、参加者に複数の選択肢を与えることにある。「ボート」のカードを引き、
そのせいで負債をかかえるようになったら、「さて、これに対して何ができるか?」と考える。
解決策をいくつ思いつくことができるだろうか?このようにして、プレーヤーに何通りもの
新しい解決策を考えさせ、作りださせることがこのゲームの目的なのだ。

 
【このゲーム会で得られるもの】

・人生を良くしたいという前向きな方に出会えます☆

・今後、自分はどう考え行動すべきなのかが明確になります

・ゲーム会に参加するという、小さな小さな第一歩から自分が変わります

・ある意味、勉強家になります。知識に対して貪欲になりますね(笑)

・自分は本当はどうなりたいのか?

・自分が過去忘れていた夢・目標を思い出し、それに向かって行動したくなります。


でも、まずは思い切ってゲーム会に参加してみてください!

もし、あの時、ゲーム会を開催してくれている人がいなかったら

今の、自分自身も無いわけです。

だから、多くの人にもゲームを体験してもらおうと日々頑張ってます☆

気付いたらあなたもキャッシュ・フローゲームの虜になってるかも??
posted by マッスー at 17:33| Comment(1) | CFG会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

朝からメール【カンペイ】

【朝からメール】
前回、お伝えした知人からの朝からメール

今回も紹介しようと思う↓

【本文】

絶対負けんとこう思う。
一歩でも前に進もうと思う。

そんな言葉を残し、サンフランシスコからトルクメニスタンへ向かったのは、ガン治療を終えたばかりの間寛平さんだった。
僕はこの言葉に感動している。

寛平さんは、自分の足で世界一周走りぬくことをコミットメントした。

ヨーロッパをスタートしトルクメニスタンまで走ったが、その最中ガンが発覚した。

普通なら辞めていると思う。しかし、寛平さんは戦った。ガン治療を選択し、そして再び走りぬくことを選んだのだ。

コミットすること、それを最後まであきらめずにやりぬこうとすること。
寛平さんには、本当に頭がさがる。

そこには、やりぬかねばならない理由があるはずだ。

そこまでしてなぜ寛平さんが走ろうとしているのか?
その理由を知りたい。

誰か知ってる人はいませんか?
みんなでシェアしましょう。

最後に今日みんなに伝えたいことは、

走ってもいないのに。ゴールばかり見ていてはいけないということだ。

それぞれ理由があるはずだ。想いがあるはずだ。
もう一度そのことを思い出してほしい。

早い遅い、
そんなの関係ネェ

歩いてでもいい、あきらめずに一歩でも前に進むべきだと思う。

それは、あなたにとってプラスの選択だから。

今日も有意義な一日を
posted by マッスー at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

【エスカルゴ】

一度、知人のお奨めの本として紹介を受ける

でも、結局読まずに日が過ぎていくたらーっ(汗)

記憶が薄れていく中で、

たまたま知人のK氏がある喫茶店にその紹介を受けた本を見つけるひらめき

そこの主人曰く、

「ここに載っている料理の話を参考にする為においてるんですよーぴかぴか(新しい)」との事。

K氏もその喫茶店で半分までその本を読んだらしい

で、自分にも再度その本を読むように薦めてくれた

とりあえず図書館のHPを検索

予約人数ざっと200人近く

2、3年待ちだなあせあせ(飛び散る汗)

買ったほうが早い

友人との待ち合わせの間に半分まで読破

普段、ビジネス書がメインなのだが・・お、面白い

結局、待ち時間では5分の2までしか読めなかった

読んだ感想は

ストーリもそうだが・・

そこに書かれて出てくる料理に対する描写が何ともいえないいい味を出している

奇抜でありながら、どこか素朴な感じの・・

『ストーリの始まりは軽くショッキングどんっ(衝撃)な始まりだけどほのぼのとした物語だなぁ』

・・と感じた

実際、人にもそう紹介した

今日、続きを読む中、ラスト3、40ページ・・・

『ふ、深いなたらーっ(汗)

※文章で伝えるのは難しいので書かないけど・・

もともと、K氏から

本を紹介してくれた人の思いが分かるかもと薦められた

ホントにその通りだと思う

【紹介された本には本の内容だけでなく、

紹介してくれた人のその時の何らかの気持ちが入ってるんだと思う】
posted by マッスー at 15:10| Comment(0) | 【レバレッジ読書会】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

「チャリティ・・10%」


チャリティ・・総収入の10%を寄付する

ロバートキヨサキ氏の開発したキャッシュフローゲームには

チャリティというモノがスゴク重要視されている。

3%でも5%でもなく、総収入の10%

もちろん手取りで^^;

その事は4年前から知ってはいた
でも、知識の域を僅かにしか出ていなかったかもしれない


そんな中、神戸のCFゲーム会で知り合った女性はその事を実践されているとの事を知る

実際には・・

例えば人に何かをしてもらったら
食事をご馳走する。

不動産購入でお世話になった方に
小額ながらお礼をする

専門家の方に対するお礼等

...etc

また、社会において結果を出されている人は

それを実践している人が多いとその方から伺った。


実際、アメリカでは特に小さい子供時分から教会に通い、

寄付をする事を生活の中に取り入れている人が多いと聞いた事がある。

 【普遍的な真理】

欲しいと思うものを、与えよ

自分も手取りの約2年前頃から約5%をチャリティに寄付し続けている

10%ではないが・・

その辺りが今の自分の結果の違いかも--;)
posted by マッスー at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

初スカイプアウト

インターネット電話である

スカイプアウトで実家に電話してみた 晴れ

一分2円6銭也!

どんっ(衝撃)

クレジットは500円でファミマにて購入

マイクの調子はイマイチだけど・・

使う機会が増えそう

PS.携帯用にすると一分15〜20円
基本料金がないから
Wホワイトにするよりお得ひらめき
posted by マッスー at 21:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

アスファルトの隙間から見つけたもの

【会社の駐輪場横で見つけた小さな命】

それは硬い壁を突き破るように、必死で這い上がってくる

今、自分に欠けているモノを見た気がした

Image279.jpg
posted by マッスー at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「ある90歳の老人が過ごした時間」


知人の方から聞いた話しです

外国の方だったと思いますが、ある90歳の男性のご老人が

ベッドの中で今までの人生を振り返りましたひらめき


「私はいったい生まれて90年、何に時間を費やしてきたのか・・」

調べてみたようです(あくまでも、計算上ですが)時計


・ベッドの中にいた時間・・26年

・仕事をしていた時間・・21年

・髭を剃った時間・・88日間

・子供と遊んだ時間・・26日間

・声を出して笑った時間・・46時間

・何に使ったのか分からない時間・・34年


との事でした。正直、驚きましたexclamation&question

一番ショックだったのが、

声を出して笑った時間がたった46時間だったということバッド(下向き矢印)

そして、子供と遊んだ時間が26日間という事。

毎日、あくせくしながら生きていく中で

この老人に限らず、私達は日々の雑務・生活・仕事に追われていますたらーっ(汗)

若い方も、年配の方も、平等に時は過ぎていきます

そしてある時、振り返るんですね

「ああ、私は○〇に使った時間が△しかなかったのか。」って・・


過去は変えれませんが,過去から学ぶことは出来ますひらめき

そして未来は自分で創っていくことができます

あなたは、これからの時間をどのように過ごしますか?
posted by マッスー at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

【ラーメン部部活動日記】

ようやく、重い腰を上げて日記書きますたらーっ(汗)

先日、ラーメン部の活動で
『なにわとんこつ大正橋まんてん』
に行ってきました

行ってから二日経ちますあせあせ(飛び散る汗)

実は、部長から連絡いただく2日前に大正近辺で働く友人に

「知り合いの人に教えてもらった店やから一緒に行こうやー」

「ごめん、無理!」
と、断られてたんですけどバッド(下向き矢印)

縁あって数日後にはお店に行けました
大げさふらふら

◆お店詳細◆
なにわとんこつ大正橋まんてん↓

この日はラーメン部の活動としては珍しく
5月8日の土曜日夜7時!
(普段は平日が多いですね)

土曜出勤で仕事帰りにJRの大正に集合

以前に知り合った○○ペンさんとそのマイミクの番長?さん
部長、安ちゃんの4人でお店に

注文のメニュー(実はこのメニュー・・部長が作ったらしい)
を見て、オーソドックス?な【まんてんラーメン】を注文

待つこと?分・・

Image279.jpg

まずはスープを

写真で分りにくいですが・・
とんこつスープなんですが、一般的なとんこつより
サラッとした、でもすごく濃厚なお味のまろやかで、少しとろりとした美味しいスープでしたハートたち(複数ハート)

麺はストレートでお店のスープに合うように
2種類使い分けているらしい耳

麺にしっかり馴染み、やや硬めの麺で美味しかったです
替え麺(120円)もしようかと思いましたが・・

皆、ほぼ食べ終えてたんで
断念・・・・無念たらーっ(汗)

途中、何とか丼(焼豚入りの)を部長から戴きましたが、
明太子マヨと焼豚の塊がまた旨いグッド(上向き矢印)
焼豚については番長?が絶賛してました

〆はアイス最中を戴きました
(部長が事前に店主に連絡してくれてたので、
店主が気を使ってくれたようです)

ありがとうございました

ラーメン会の反省会については・・・また、気が向いたら書きます
posted by マッスー at 23:08| Comment(0) | ラーメンツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

知人からの朝からメール

最近、知り合いの方から「朝からメール」というのを頂いています

毎朝、その人の感じたことをメールにして送ってくれてます

今日ですでに2週間近く経ちますが・・

その方が、数日前に中国の大漣に行った時のメールを頂きました

今回のメールは自分だけでなく、多くの人に実感してもらいたいと思い日記に載せました

【朝からメール】本文
※一部訂正入れています
※了承を得て、掲載しております


正日ご一行様が僕らの目の前通り過ぎて行ったあるよ。

また、このお話しは聞きたい人にだけします。

けっこう面白いネタですが、そんなことより今日は中国すごすぎってお話しをしましょう。

飛行機に乗って二時間もしないうちに大連空港
なんやこれ日本の国内線やんっていうのが第一印象です

大連行ってびっくりしたよ。乗せてもらったのはポルシェ カイエン、街中では他にベンツやBMW
レクサスといった高級外車の山です。しかも価格は日本の約二倍

接待を受けた豪華絢爛なお洒落な高級レストランは日本ではみたこともないような立派なもんや。部屋が二百室もある。しかもお客さんでいっぱい

GUESSな話ですが、僕らが食べた料理は10万円らしい。日本帰ってから、肉も魚も口に入りません。

いたるところで求人募集
人が足りないそうです。

10年後、20年後考えると、日本と給料変わらなくなり、きっと日本人が中国に出稼ぎに行かんとあかん時代がくるなと思った。

そう思って訪ねてみたら、すでに多くの日本人が来ているそうや。

鼻のきく日本人はそうしているみたい。

きっと日系企業も本社を移してると思う。

中国で事業展開していくのは当たり前になると思う。でも生き残るんは企業だけ。

僕らみたいな個人が生き残り、中国人ときちんとパートナー組んでやっていけるんは、○○しかないと思った

それから、こうやって世界中で活躍の場を与えてもらってることに改めて感謝しています。

改めてそう感じました。

以上、
掲載を確認した際、この言葉を追加しといてと・・


『いずれ日本は中国の属国になる。って感じた』


との事、日本が戦争に負け、焼け野原の状態から
死に物狂いで戦後を這い上がってきた

自分はその光景(今の中国も過去の日本)を見ていないが、
万博を控えたこの中国にそれを感じたのだと思う・・・
posted by マッスー at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

5月大阪・神戸・高槻にて開催中☆初心者の方にも安心してご参加いただけます

ゲ┃―┃ム┃会┃予┃定┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛ 
キャッシュフローゲーム会

前に※印のある日は後半にBクワドラントセミナー付きです☆

※●05月01日 (土)13時〜15時 大阪市北区民戸センター 第5会議室

※●05月05日 (水祝)13時〜15時 大阪市中欧公会堂   第7会議室

※●05月08日 (土)13時〜15時 コミスタ神戸     202号室

※●05月15日 (土)13時〜15時 コミスタ神戸     304号室

※●05月22日 (土)18時〜20時45分 大阪市北区民戸センター 第6会議室

■タイムスケジュール■
自己紹介
ゲームの説明
キャッシュフローム101
ゲームの感想等

《希望者のみ》
ゲーム会後近くの喫茶店に場所を移します。
意識の高い人ばかりですから、楽しいお話が出来ると思います。

●参加費:500円

●定員:5名
個別に対応できるように少人数制を取らせて頂いております。

◆持ち物◆
電卓、鉛筆(シャーペン)、消しゴム
※ボールペンNGです

※被害を未然に防ぐため、宗教・保険・ビジネス等の勧誘、
 物品販売目的の方の参加は、固くお断りいたします。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ゲーム会の申し込みは↓こちらをクリック☆
http://my.formman.com/form/pc/U9KO34Fy8A32xFqf/

ゲーム会のHPはこちらをご覧下さい。
http://space.geocities.jp/mastandard2003/CFGabout.html


【このゲームの目的】
 ロバート・キヨサキ氏の著書の中(金持ち父さん貧乏父さん P156)にもこう書かれています。
『キャッシュフロー』はゲームの参加者全員にフィードバックがなされるように作られている。
このゲームの目的は、参加者に複数の選択肢を与えることにある。「ボート」のカードを引き、
そのせいで負債をかかえるようになったら、「さて、これに対して何ができるか?」と考える。
解決策をいくつ思いつくことができるだろうか?このようにして、プレーヤーに何通りもの
新しい解決策を考えさせ、作りださせることがこのゲームの目的なのだ。

 
【このゲーム会で得られるもの】

・人生を良くしたいという前向きな方に出会えます☆

・今後、自分はどう考え行動すべきなのかが明確になります

・ゲーム会に参加するという、小さな小さな第一歩から自分が変わります

・ある意味、勉強家になります。知識に対して貪欲になりますね(笑)

・自分は本当はどうなりたいのか?

・自分が過去忘れていた夢・目標を思い出し、それに向かって行動したくなります。


でも、まずは思い切ってゲーム会に参加してみてください!

もし、あの時、ゲーム会を開催してくれている人がいなかったら

今の、自分自身も無いわけです。

だから、多くの人にもゲームを体験してもらおうと日々頑張ってます☆

気付いたらあなたもキャッシュ・フローゲームの虜になってるかも??
posted by マッスー at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。